赤毛のアン。

劇団四季『赤毛のアン』観に行って来ました。

初めての、公演初日観劇だったんですけど、結局最後までなんにもなかったのでびっくりした!そういうものなのか・・・。
ん、もしかしたらカーテンコールがやたらやたら長かったのは初日ならではなのだろうか。



アンのストーリーをほとんど知らないままに観たんですが、アンが妄想たくましすぎて、笑うどころか引いてました。
夢想家な演技は吉沢梨絵さんが上手く見せてたからなのかも。気の強そうな演技も、歌声もそんな感じで良かったです。
おとなしそうな役の時はまた違うのか、見てみたいです。


でも、一番印象に残ったのは、マシュー役の日下武史さん。
演技が超おじいさんぽい!素敵!と思ったらたぶんリアルおじいさんなのね(・ω・)
歌が始まったら度肝を抜かれました。(いい方じゃない意味で)
なぜだ・・・あの人がラウルみたいに歌ってた頃があるのか想像がつきません・・・。
わざとマシューらしく演じてたんだとしたら一生ついていきますってくらい神です。
いや、じじ萌えなので十分萌えたんですが。
カーテンコールで、一番拍手が大きかったのが日下さんで「えっ!?」と思ったら、日下さんは古株なんだそうです。
関連記事
Category: 劇団四季

コメント

おぉー

初日だったのか
何もなかったのはストーリー的に?
初日イベントが?

日下さんは、創立メンバーの一人とどっかで見た気がする。超古株だー
憶測だけど、最初はミュージカルじゃなくって普通の演劇のための劇団だったと思うので、歌ってた頃はないんじゃないかなぁ?

2008/09/12 (Fri) 13:31 | 聖 #sG2P4Qnk | URL | 編集
うんー

「何もなかった」は、ストーリー以外で、初日あいさつとか、カーテンコールで何か特別なことでもあるかな?と思ってたのだ。

なるほどー、日下さんのマシューの演技は素晴らしかったよ!
歌は・・・「そんなの聞いてないよ、困るよ」って感じだったのかな(・ω・;)

2008/09/12 (Fri) 16:04 | るみ #cEH8qHsM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する