『王子と小鳥』 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)。

王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
(2009/08/29)
山中 ヒコ


初山中ヒコさん。
アラブの王子と、日本人の少年、なんだけど、定型的な「アラブもの」では全然ないよ。
王子は傲岸不遜の対極にいる人なので、どう恋愛が進むのか気になりまくった。
受けの少年も大変な境遇だけど、王子の立ち位置も、兄の皇太子のせいで危ういバランスを取っていて、少年がそれに巻き込まれた時には、わたしも「どうしよう、どうしよう」って思ってしまった。
恋愛モードのページが少ないし、プラトニックな部分が多いし、最初から「言葉が通じない」という、アラブものではすっ飛ばされそうな過程もちゃんと絡めているので、異国同士で男同士で主人と奴隷で、って、本当に進展が難しいよなあと思った。
1個昔の作品を挟んで、また「王子と小鳥」の続きがある。ラストハッピーエンドっぽかったのでほっと一息つけたよ。受けが一生懸命、日本から、王子のいる位置へ向かおうと努力していたのが素敵だった。これが「健気受け」というジャンルかしら。

それにしても、絵柄は、嫌いじゃないけど、ストーリーに追いついていないサッパリした感じがする。エロシーンもあまりよく立ち位置とか分からなくて、わざと肝心な部分が隠れるように描いてるのかなーと思うくらい。
アラブ側の人間の描き分けも、時々誰が行動してるのか分からなかったのは、絵柄の限界か、わたしの読解不足か。

とにかく、ストーリーが良かったので、いい読書だった!
山中ヒコさんもう1冊買ったんだー読むぞー。
関連記事
Category: 本とか紹介

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する