預貯金は遺産分割の対象という最高裁判決。

上のニュースに触れて、下の解説記事を読んだ。


つまり,判例は
1.預貯金といえども自動的に分割されない
2.どのように分割するかは遺産分割で決める
という考え方を採用するに至りました。


これまで、亡くなった人の預貯金って、機械的に配分されてて、遺産分割協議の対象外とされていたのが、遺族の話し合いで配分を決める対象に含むとするようになったのね。


受験勉強をしてた頃も、「家族法は自分の身に置き換えて考えると理解しやすい」という事を知っていて、想像しながら考えようとしてたんだけどなかなか難しかったのが、年々理解がしやすくなっている。これが年齢を経るってことかー。あまり自分が変わった気はしないのに不思議。
関連記事
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する